2009年07月15日

レーシック@神奈川クリニック:手術開始

レーシックの予約は↓から
視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科 レーシック レーシック 眼科


7月11日:手術開始


手術室に入る前に頭に手術用のキャップを被り、ガウンに着替えました。目の手術なので、ガウンの下は服を着たままです。



その場で名前の確認があり、目に麻酔の点眼をしました。麻酔自体はまったく痛みは無く、少ししみるぐらいで、点眼後2〜3分で効くとの事です。



しかしここで最初の恐怖が、、



点眼の麻酔が効いているかの確認が無いまま施術が開始になりました。。 いや、もしかしたら素人には分からない確認方法を行ったのかもしれませんけど。。



麻酔が効いているはず!と自分に言い聞かせて手術台に寝ると、また医師から名前の確認があり、施術開始。



まずは右目



右目のまぶたにシールを張り、瞬きが出来ないように固定されます。



その上、金属の器具を使ってさらにまぶたを固定します。



目の前にはブルーレーザー照射機があり、ガンガンに証明を照らしているので、瞬きが出来ない自分にとってはちょっときつかったです。



そんなことを思っていると、医師から



「じゃあ今から角膜をこの機械で切りますよー。」


と、耳かきの先が、丸く大きくなったようなカッターを見せられました。



内心怖いと思いながらも、既にまな板の上の鯉。



「はい」としかいえませんでした。最後にまた角膜の厚みを測る機会で目を突かれ、準備完了。



医師「今から切りますけど、大きな音がするけど痛くないですからねー。こんな音ですよー。」



チチュィィィィィィイイイイイイイイン!!



と引くような音がしたけども、大丈夫だと信じて「はい」と一言。



医師「はい、じゃあ行きますよー。切ってる時は目の前が真っ暗になるけど心配しないでくださいね。はい動かないでー。」



この一言がかなり安心しました。



実際何してるかわからないし、いきなり真っ暗になるし、、、、



と思っていたらいきなり視界が開けて



医師「はい切れましたよ。視界が真っ白になりますよー。」



と言われた直後、切れた角膜をペロンとされ、水の中にいるような視界になりました。



正直この瞬間はとても気持ち悪いものでした。



そしてすぐ



医師「はい、じゃあレーザー当てますねー。はい動かないで。」



とすぐにレーザーの照射がありました。自分が受けた手術は神奈川クリニックでも一番安い手術で、レーザーの照射も長いものを聞いていましたが、結構すぐに終了し、パチパチという焼けるような音がしたと思ったらすぐに終わりました。




医師「はい出来ました!今から目を洗って目を元に戻しますよー。」



と目に大量の洗浄水をかけらたあと、開いた角膜を元に戻し、戻した後も入念に綿棒みたいなもので角膜をこすって付着させていました。こうしないと角膜の下に気泡が入るから、と言うことらしいです。



目を一通りいじられている間、まったく痛みはありませんでした。




しかし、、




右目が終わって、次は左目。右目と同じようにまぶたを固定され、さて目の洗浄。



目を洗浄され、角膜の厚みを測る機械で目をつつかれた時、



「あれ?少し痛いかも、、」



麻酔の効きが弱いのかな、、と少し心配になりましたが、麻酔の効きを信じて何も言いませんでした。



そしてまぶたを切られたとき。



自分「あら?結構痛いけど大丈夫??」



確実に右目より痛い!



麻酔は少しは効いていたのだろうけど、結構な痛みでした。でも我慢できないほどではないし、焼かれている時も熱い、とか言うことはありませんでした。とにかくちょっと痛かった、、、



左目も右目同様に入念にふたをされ、しっかり洗浄して術式終了!!



なんだかまぶしくてすぐには目は開けられませんでしたが、手術台から立ち上がって10秒後に目を開けると、、、、



見える!



確かに見える!!



ただ少し視界がぼやけていました。しかしこれは誰にでもあるようで、大体5時間ぐらいするとハッキリとした視界になりました。



手術が終わるとすぐに看護婦さんが来て以下の点を説明してくれました。

@ 術後2日間は風呂には入らず、シャワーのみ。
A 運動は1週間控える。
B 激しい運動(水泳など)は1ヶ月控える
C 当日から1週間、外に出るときは保護用のめがねをつける。(サングラスのようなもの)
D 運転やPCは最低1日は避ける。
E 個人差はあるが、痛みが出たり、涙が止まらなかったり、目がひりひりする人もいるが、一過性のもの。

など。

特に自分はEは全て当てはまったので、非常にきつかったです。



術前は運転ぐらいしてやるぜ!とか思ってたけど、余りの左目の痛さと視界の悪さにテンションが下がりまくり、そんなことをする余裕は在りませんでした。



何か質問は?と聞かれたので



仕事のことが気になっていた自分は

「今日の夜勤は出ていいですか?」



と聞いたところ、問題ないですよ、と応えてくれました。術後5時間ほどしっかり休憩を取れば、当日からも働けるようです。



すごいぜレーシック!



最後に3種類の目薬をもらいました。



消毒→抗菌→保湿


の3種類で、術後の1日だけ、消毒は4時間おき、抗菌と保湿は1時間おきに刺すとのこと。その後は全て4時間おきで大丈夫との事。



1時間おきの目薬が結構大変だったけれども、寝ている間はしなくていいので、その点はなんとも無かったです。




来院から1時間足らず。



無事に手術終了です!



帰りは電車で帰ったけれども、駅まで歩いている30分ぐらいの間にもうかなり見えるようになっていました。


あとは明日→1日目の検査




1週間後→1週間検査




1ヵ月後→1ヶ月検査




3ヵ月後→3ヶ月検査




となって終了。




引き続きレポートします。



手術は怖かったけど、やってよかった!!



翌日検査に続く、、

ちょっとでも興味が出た方は下をクリックして詳細をチェック!↓
錦糸眼科

↓こちらも有名なクリニックです。色々比較してみるのもいいですね。
視力回復

posted by Terufinity at 13:52| Comment(0) | レーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシック@神奈川クリニック:直前検査

レーシックの予約は↓から
視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科 レーシック レーシック 眼科


手術当日:直前検査

7月11日。



手術当日は13時からの手術を予約していたので12時45分には神奈川クリニック福岡院に到着しました。



当日は土曜日だったこともあり、少し混みあっていましたが、予約の時間からずれ込むことも無く、



手術直前検査→手術



とまったく遅れることなく進みました。



直前検査では


@ 視力検査:事前検査時と差異が無いかの確認のため
A 近視強度検査:同上の理由


の2点を行いました。この時点で13時15分。込み合っている土曜日の中、来院から非常にスムーズに事が進んでいます。



上記の検査が終わって又受付に戻るとすぐに診察室へ呼ばれました。


診察では目に光を当てて表面を検査され、その時間約2分ほど。そこで医師の最終的な手術の許可が下り、とうとう手術室へ案内されることになりました。

(当日の検査の結果次第では手術を受けられないこともあるそうです)



そして手術の同意書にサインをして待合室で5分ほど待つと手術室から看護婦さんが


「手術番号20の札をお持ちの方。こちらへどうぞ。」



と言う呼び出しがあり、ついに手術室へ。



手術へ続く・・


ちょっとでも興味が出た方は下をクリックして詳細をチェック!↓
錦糸眼科

↓こちらも有名なクリニックです。色々比較してみるのもいいですね。
視力回復

posted by Terufinity at 13:48| Comment(0) | レーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。